歩くと膝が痛い原因

歩くと膝が痛い原因

歩くと膝が痛い原因にはどのようなものがあるでしょうか。

 

若い女性の場合、ヒールの高い靴を履いて少し不自然な歩き方になると膝が痛くなる場合があります。これは、一過性のもので、膝の痛くなった靴をやめれば、膝の痛みもなくなる事がほとんどでしょう。

 

スポーツや事故などで膝を激しく打ち付けるなどして痛めた場合にも痛みが出ることがあります。この場合は、心当たりがあると思いますから、病院を受診するのが良いですね。

 

年齢が進むと、膝の軟骨がすり減って歩くと痛むことがあります。長年にわたる膝関節の動きですり減ってしまったか、軟骨の生成が遅くなり、少なくなっていたりなくなっていることが考えられます。この場合は、サプリメントで無くなったもしくは少なくなった膝の軟骨を補うことが可能です。

 

グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントが膝に効果があります。

 

グルコサミンやコンドロイチンは、エビやカニなどの甲殻類から抽出した成分で出来ていることがほとんどです。しかし、中には植物性のタイプもあるので、甲殻類アレルギーがある方でもグルコサミンとコンドロイチンを摂取することは可能です。

 

ドラッグストアで購入するより通販で購入したほうが価格もお安かったり、自宅に届きますので多くの方が利用しています。高齢なご両親にプレゼントする方も多いようです。