膝の痛みの治療

膝の痛みの治療

スポーツなどで膝を損傷した場合は、手術など適切な治療を受けることになりますし、水が溜まったような場合には主治医の判断で中の水を抜くなどの処置を受けるのが一番です。

 

急激に激しい痛みが起きたり、じっと安静にしていても痛みが引かないような場合には何が起こっているのがすぐに病院へ行って適切な治療を受けましょう。でも、加齢によって慢性的な痛みや違和感を感じているという場合には、なかなかどうしようか迷うケースでもありますよね。

 

加齢による変形性膝関節症などの場合には、整形外科でレントゲン写真を撮るなど原因を確定した後、理学療法や投薬、注射、装具療法などで治療していくことが出来ます。

 

場合によっては手術という手段もありますが、いきなりメスを入れるようなことはよほどの場合でなければないと思われますので、そんなに不安にならずに一度診てもらうと良いでしょう。

 

基本となるのは筋肉を鍛えて関節を安定させる理学療法です。
時間はかかりますが、これが一番大切な治療法です。

 

痛みが強い場合は消炎鎮痛剤を飲んだり、湿布を貼ったり塗り薬を塗ったりする場合もありますし、激痛の場合は注射も検討されます。でもそれは一時的な痛みの軽減であって、結局は自分で鍛えない限り痛みからは解放されません。装具というのは足のバランスを整える足底や、サポーターなどを使った治療ですが、ぐらつくような場合には有効に働きます。

 

最終的には自分の筋肉で自分の関節を支えることが必要です。
そのためには、積極的な治療が必要ですね。