コンドロイチンとは

コンドロイチンとは

コンドロイチンは、フカヒレの主成分です。人間の体の中にも存在し、関節の軟骨や体内の粘液に含まれているアミノ酸です。体内でコンドロイチンが不足すると、軟骨の弾力や水分が失われて膝の痛みや腰痛などを引き起こす原因になります。

 

人間の体の中のコンドロイチンは、加齢によって生成される量が減ってしまいます。
ですから、年齢とともに軟骨がすり減ってしまうのです。

 

コンドロイチンは、鶏の皮、牛・豚・鶏の軟骨、ナマコ、うなぎ、スッポン等にも含まれています。これらを積極的に摂取することも膝の痛みに良いとされてます。

 

しかし、膝の痛みを軽減するためにカロリーの高い食品を摂取すると、肥満や生活習慣病の原因になる場合もあります。そこで、コンドロイチンのサプリメントがお勧めです。

 

サプリメントなら、カロリーを気にせずに有効成分を毎日、決まった量を摂取することができます。コンドロイチンは、グルコサミンと似た成分です。サプリメントの場合は、コンドロイチンとグルコサミンが組み合わさっている場合があり、両方一度に摂取できる商品が多いです。

 

最近、膝の動きがスムーズで無くなったという方や、
歩くと膝の痛みが気になってあまり長距離歩けなくなった方にも飲んで欲しいです。