コンドロイチンの副作用

コンドロイチンの副作用

グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントを継続して飲む場合、どんな副作用が想定されるのでしょうか。グルコサミンの場合、血液をサラサラにする「クマリン血液凝固阻止剤」という薬を使用している場合は、飲むことができません。

 

また、グルコサミンを過剰摂取すると、吐き気、胸焼け、消化不良等の副作用を起こす場合があります。コンドロイチンの場合、特に副作用の報告はありません。

 

グルコサミンの原料は、海老などの甲殻類、コンドロイチンは豚の皮や甲殻類が原料になっています。それぞれのサプリメントによって原料は異なりますが、甲殻類アレルギー等がある場合は、飲むことができません。

 

グルコサミンとコンドロイチンは、どちらもすり減った膝軟骨を生成する効果があります。

 

年齢が進むにつれ、膝軟骨の生成が不足するようになりますから、その分を補ってあげる必要があります。いつもの食事からもグルコサミンやコンドロイチンの生成に必要な栄養素を摂っていることになります。

 

ですから、必ずしもグルコサミンとコンドロイチンのサプリメントを決まった量飲まなくてはならないという訳ではありません。副作用が不安な場合は、場合によっては、目安量より少なめから飲み始めても良いでしょう。