グルコサミンとは

グルコサミンとは

グルコサミンとは、動物の皮膚や軟骨、カニや海老などの甲殻類、貝の殻等に含まれるムコ多糖類の一種です。よくサプリメントの原料として使われますが、コンドロイチンと組み合わせて商品化されることが多いのが特徴です。

 

グルコサミンは、人間の場合は軟骨、爪、人体等に存在しています。
人間の体内でグルコサミンは、とても重要な役割を果たします。

 

グルコサミンは、人間の軟骨、爪、靭帯などに存在し、軟骨成分を形成しています。ところが、加齢、肥満、運動不足などで軟骨の再生不良が起きると膝の痛みや腰痛、関節炎を引き起こします。

 

また、長年の日常生活やスポーツなどで軟骨がすり減って行くために年齢が進むと膝の痛みが起こる方が多いです。加齢と共に体内のグルコサミンの生成は少なくなり、軟骨が磨り減った状態になってしまうのです。

 

最近では、膝の痛みにはグルコサミンが良いというのは、TVCM効果等で知っている方も多いですよね。グルコサミンは、関節の細胞の新陳代謝にも大きな役割を担っています。

 

また、軟骨のクッション性や水分保持等の重要な役割を担っています。グルコサミンと似たような働きをするコンドロイチンと組み合わせてサプリメント化されているケースが多いです。