グルコサミンの副作用

グルコサミンの副作用

健康な人が適量のグルコサミンを摂取することでの副作用は特にありません。
ただ、「クマリン血液凝固阻止剤」との相性は悪いそうです。

 

クマリン血液凝固阻止剤とは、血液を固まらせないようにする抗血栓薬です。グルコサミンとクマリンを同時接種した場合、血液凝固阻止作用が以上に強まるリスクがあるので注意が必要です。

 

また、摂取しすぎると体内に蓄積して悪影響を及ぼす可能性があります。正しく飲んでいればリスクはありませんから、購入したサプリメントの決まった量もしくはそれ以下を飲むことをお勧めします。

 

グルコサミンは、一度に沢山飲んだからといって効果が出るものではありません。持続して毎日、コツコツ飲むことで徐々に効果を発揮します。

 

また、副作用が心配な場合、現在、グルコサミンを飲んでいる方のネットの口コミを見てみると良いでしょう。また、グルコサミンは、貝の殻、動物の骨や骨髄、殻類の殻などに含まれていますから、原料にアレルギーがある場合は副作用が考えられます。

 

サプリメントには、甲殻類が使われています。

 

自分が飲もうとしているグルコサミンのサプリメントにどんな成分が含まれているのかを確認してから購入するのがお勧めです。長く飲み続ける物ですから、安心して飲めるサプリメントが良いですね。