加齢による膝の痛み

加齢による膝の痛み

膝はスポーツなどでも損傷しやすい部位ですが、特に激しい運動をしたわけでもない加齢による膝の痛みについて調べてみましょう。特に非常に多いと言われているのが変形性膝関節症というもので、膝の関節が変形することで起きる病気と言われています。

 

膝は、皿の骨の下で太ももを作る大腿骨と、スネを作る脛骨、そのサポートをする腓骨とで成り立っています。この骨たちは常日頃からずっと動いてはたらいているので、歳を重ねれば重ねるほど、クッションになっている軟骨がどんどんすり減っていきます。

 

軟骨がほとんど無くなってしまうと、今度は骨そのものがこすり合わさることになり、それが続くと骨にトゲが出来てきます。これが神経を刺激すると瞬間的な激痛を呼ぶのです。

 

同時に、軟骨が無くなってしまうと筋肉が弱くなり、骨がぐらついて痛むという現象も起こります。いずれにしても歳を取ったことが原因です。

 

日本人は膝の内側の軟骨からすり減る人が多い民族と言われています。これはO脚が多いからですね。痛みを感じる場所がひざの内側からという場合は、おそらくこれが原因です。

 

また、膝の皿と大腿骨頭との位置関係がズレて皿の部分が痛くなる人も多いです。
階段を下りようと思ったら激痛に襲われたという人は、このタイプです。

 

こうした骨と骨との関係性の変化や悪化が加齢による膝の痛みを引き起こしている原因です。
起こっていることはレントゲン写真を撮ればすぐにわかりますので、整形外科へ行って診断してもらうのが一番でしょう。