膝の痛みは予防出来る?

膝の痛みは予防出来る?

膝の痛みは、年齢を重ねれば誰にでも起こり得ること。
だとしたら、どうにかして早い段階から予防したいと思いますよね。

 

加齢による膝の痛みはそのほとんどが変形性膝関節症ですから、その予防法を知っておくだけで有効に作用するでしょう。では、一体どのような方法が膝の痛みの予防になるのか、それはとてもシンプルで、筋肉を鍛えることに他なりません。

 

これは痛みが起こり始めてからも整形外科で理学療法として行われる治療法で、すり減ってしまった軟骨をサポートして、関節の骨と骨とが過剰にぶつかり合わないようにするには、筋肉で支えることが重要なのです。

 

それから、膝に負担がかかるのを少しでも軽くしたいですから、太り過ぎは禁物ですね。
肥満は他の病気の原因にもなりますので、適切にダイエットすれば体調も良くなり、膝も守れるので一石二鳥です。

 

適した運動は負担をかけないウォーキングや水泳が最適です。
ウェートトレーニングではなく、体重を使って適度な負荷をかけましょう。

 

また、軟骨がすり減って行くのをそのまま見過ごすのももったいない話ですから、少しでも軟骨の再生力を上げるために必要な成分を補給してあげるのも良い方法です。

 

よく耳にする成分としてグルコサミンやコンドロイチンというものがありますが、これらは人の軟骨の再生に関連していると言われています。食事からはあまり取れず、年齢とともに体内で減少すると言われていますので、積極的に摂りたいものです。