膝の痛みの予防対策

膝の痛みの予防対策

年齢が進むと、膝の痛みが出る方が多いです。70歳〜75歳の方の関節のレントゲンを撮ると半数の方は関節に異常があるという統計もあります。

 

40歳代から膝の違和感を感じ始める方もいます。沢山歩いたり、激しい運動をした方も膝の関節がすり減って膝の痛みを伴う方もいます。60代、70代になって膝の痛みがひどいとなかなか歩く機会が無くなり、ひきこもりがちになってしまいます。歩かないとどんどん体の筋力も弱っていくために健康を害してしまう原因になります。

 

60代以降になってもスポーツや散歩を楽しんだり、お孫さんを遊びに連れて行ったりと活動的に過ごしたいですね。その為には、日頃からの膝の痛みへの予防対策がお勧めです。

 

加齢に伴い、膝の軟骨がすり減ったり、軟骨の生成スピードが遅くなります。
膝の痛みが出ないためには、軟骨の生成を補助することが大切です。

 

コンドロイチンとグルコサミンを摂取すると、軟骨の生成を促したり、膝の動きがスムーズになります。サプリメントで摂取するのが一般的ですが、サプリメントは1日飲んで劇的に良くなるということはありません。

 

徐々に効果を発揮するために、早めの段階で飲み始めると良いでしょう。コンドロイチンとグルコサミンを摂取すると膝の痛み以外にも腰痛予防にも効果があります。